お店の紹介とか日常とかのブログ


by caferubato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ストレート豆、入荷しましたよ~

c0181476_7341913.jpg


新しい豆を入荷させてます。

まずは定番の豆から

・グァテマラ  香りが高くて味わいは軽やかで飲みやすい産地の豆です。当店不動の人気豆。
・インドネシアマンデリン  香りも味わいも独特。しっかりとした香りに、コクがふかくて酸味もしっかり味わえる、珈琲が大好きな人にはもってこいの産地です。

・マラウィ  マラウィを扱ってますというと、普通はゲイシャだと思われるとは思うんだけど、今回はミスト高原で取れた豆です。軽やかな酸味が特徴で、夏におすすめしたい豆です。
・パナマ  グァテマラに近いだけあってこちらも味わいの軽やかな豆。でもパナマの方がより、軽いです。ちょっと珈琲が飲みたいけど、でも…って時にこのパナマを選んでもらうとやっぱり飲んでよかった~と思えるような、胃に負担がかからないような豆です。

あと、ニカラグアとルワンダはもう少しだけ残ってますが、どうかなぁーどっちも後3杯程度でしょうか。


さて、ストレート豆ってコーヒー屋じゃ常識な言い回しなんで特に気にしたことなかったんだけど、たまに聞かれます。
「ストレート豆ってなに?」

普通、コーヒーは各産地で収穫された豆を焙煎してそれを産地別にその産地の豆を味わうのをストレート豆(例えば紅茶だったら、ダージリンとかセイロンとか。あれはダージリン地方で収穫された茶葉って意味)
例えば、産地によって豆の味って微妙に違ったりまったく違ったり。
産地ってつまり国別なんで、国は一緒でも南と北じゃやっぱり味が違ったり。
前にタンザニアを入荷したときの話。
いつもはキリマンジャロ山にある農園の豆を使ってるんだけど、たまたま南の豆を入荷させたらまったく味わいが違う。コクがもっと軽くなって、パンチが抑えられてるけど飲みやすさはぐんとアップ。
こんな風にストレート豆は国ごとに味わいを楽しんだりできます。

で、ブレンドっていうのは昔は………だけど、例えば今、うちのお店のブレンドだと
味わいブレンドは 香りが華やかで酸味と苦味のバランスのよい味わいになるようにいろいろな産地の特徴を合わせてトータルで目的の味わいや香りになるように混ぜてます。ブラックで飲むと飲みやすさがすごくわかってもらえるんじゃないかと。あと、一日に何杯でも飲みたくなるような味わい。

もうひとつのコガネブレンドは深煎り豆でブレンドしてあるんだけど、最後の余韻に特徴がでるようにマンデリンをブレンドしてます。これ、後をひく余韻で、ついつい飲んじゃう。ミルクを入れる人にもお薦めで味ががらっと変わってやわらかくてまろやかな味になるのも特徴。


いつもブレンド…っていうか
「ホットちょうだい」
の方も、たまにはストレート豆を楽しんでみてはいかがかしら♪
[PR]
by caferubato | 2011-07-22 07:57 | おすすめメニュー